すぐにお金を借りるにはどうしたら良いか?ということについて

 

お金を借りたい方に、お金を借りるための方法としてどういうものがあるのかを簡単に説明しますね!

今すぐどうしてもお金を借りたいという場合

今すぐどうしてもお金を借りたいという場合には、プロミス・アコム等の大手消費者金融から借りると良いと思います。但し消費者金融から借りる場合には総量規制というものがあり、借入限度額が年収の3分の1までという規定がありますし、無職やブラックと呼ばれる人が申し込むことは出来ませんので注意が必要です。
まずプロミスですとWEBのみでの申込が可能、初回利用者の30日間無利息、50万円以下の借入限度額なら原則として収入証明書類が不要等のメリットがあります。またアコムなら三秒でできる事前申込診断が出来、やはり初回利用者の30日間無利息等のメリットがあります。それ以外でも、SMBCモビットですとやはり事前の10秒借入診断が可能で、三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかに口座があればWEB完結申込が可能等のメリットを持っています。アコムやプロミスは無人契約機で申し込むことも出来ますし、いずれも銀行やコンビニのATMでの借入や返済が可能で、年利も3.0%〜18%の間と利用しやすい数値になっています。また借入限度額はプロミスが500万円、アコムとSMBCモビットが800万円となっています。

消費者金融等のキャッシング以外で早くお金を借りる方法

次に消費者金融等のキャッシング以外で早くお金を借りる方法としては、公的貸付制度(生活福祉資金制度・年金担保融資制度・教育ローン・奨学金制度)や、都市銀行・地方銀行・労働金庫等の目的ローンやカードローン、信販会社のクレジットカードのキャッシング枠やカードローン等、生命保険の解約払戻金を担保にお金を借りる方法、質屋に品物を預けてお金を借りたり、不要品を買い取ってもらう方法等があります。この中で最も早く確実にお金が借りられるのは質屋だと思われ、継いで生命保険、その次が信販会社と銀行となり、公的貸付制度は金利は低いのですが、融資までの早さを期待することは出来ません。
また生命保険については条件に合致していないと難しいですし、クレジットカードは普段キャッシング枠を設けていませんとわざわざ開設しなくてはならず、銀行のカードローンの審査は多少厳しい面があります。そして質屋では必ず希望の値段で借りられたり買い取ってもらえたりする保証がないため、すぐに希望通りの金額のお金を借りるには、
やはり消費者金融から借りるのが最適であると思います。クレジットカードの現金化はリスクが伴いますし、親族や知人から借りると後々面倒なことになりかねず、ましてはヤミ金を利用する等は持っての外です。今すぐにお金を借りる方法としては安全安心な大手の消費者金融から借りるのがベストだと思います。

 

お金を借りるのに限度額はいくらまで借りられるのでしょうか?

 

すぐにお金を借りたい場合に、借入限度額はいくらになるのか?ということついてお話していきたいと思います。限度額は皆一律に考えればいいと思われがちですが、厳密にいいますと通常の限度額と、すぐにお金を借りたい時の限度額とは違ってくる場合もあります。すぐにお金を借りたくて、初めてキャッシングやカードローンに申し込む場合には、限度額の設定には十分注意しなければなりません。ですからもし、50万円以上の金額を即日融資で借りたいという場合には、審査に通らないというケースも考えられます。

キャッシングやカードローンでお金を借りたい場合

キャッシングやカードローンでお金を借りたい場合には必ず借入限度額が設定されていますので、ここで代表的な業者や銀行と年利と借入限度額を見ておきたいと思います。まずキャッシングではプロミスですと年利4.5%〜17.8%で1万〜800万円まで、アコムですと年利3.0%〜18.0%で1万〜800万円まで、SMBCモビットは年利3.0%〜18.0%で1万〜800万円、アイフルは年利4.5%〜18.0%で1000円〜500万円、スルガ銀行ダイレクトワンなら年利4.9%〜20.0%で1万〜300万円等となっています。またカードローンでは三井住友銀行なら年利4.0%〜14.5%で10万〜800万円まで、新生銀行レイクなら年利4.5%〜18.0%1万〜500万円、三菱東京UFJ銀行バンクイックなら年利1.8%〜14.6%で10万円〜500万円まで等となっています。

即日融資の申込をする場合

すぐにお金を借りたくて即日融資の申込をする場合は、出来れば借入限度額は年収にもよりますが、50万円位までにしておくと良いでしょう。それはこの額より低ければ低いほど審査では有利になるからであり、金利は高めになりますが、出来るだけ借りられる最低限に近い限度額に設定するのが理想的です。ですから50万円よりは5万円の方が審査には通りやすくなるということです。また業者にもよりますが50万円以下の借入申請であれば、身分証明書だけで審査をしてくれる所もあります。もし50万円以上の借入申請ですと源泉徴収票や直近の給与明細等の提示を求められて、審査により時間がかかってしまう可能性もあります。

総量規制について

また消費者金融や信販会社で借りる場合には、年収の3分の1以上は借りられないという総量規制がありますので、借入限度額の設定を低くすればするだけ、審査の上では不利になるという訳です。消費者金融の中で審査時間が平均して1番短いのは、プロミスであると言われており、申込→審査→融資までが最短で1時間だと言われていて、WEB上だけで郵便物なしで申込を済ますことも出来ます。また初回利用者が30日間無料になる特典も、条件付ながら付いています。

 

無職でもお金を借りれるのか?

 

すぐにお金を借りたい場合に無職であった場合はどうなるのか、ということについてお話していきたいと思います。結論から先に申し上げますと、すぐにお金が必要で借りたい場合でも無職である場合は、キャッシングやカードローンに申し込むことは出来ません。但し専業主婦のように家事労働をして夫や子供の生活を支えている場合は、肩書としては無職であっても、配偶者の承諾がなくてもお金を借りられる銀行のカードローンはあります。しかし仕事をしていないだけでなく、収入になるようなことを一切していないニートのようなタイプの無職ですと、お金を借りるのは100%無理だと思います。またもし無職でもOKという所があったとしても殆どはヤミ金だと思われますので、真っ当な業者を見つけるのは難しいでしょう。

全く完全な無職の状態

全く完全な無職の状態では生活をしていくだけでも大変な筈ですから、正社員採用でなくてもアルバイト等をして、ある程度の収入を得ることで収入を安定させてから、どうしても急にまとまったお金が必要になった場合にだけ、お金を借りることも可能になるでしょう。業者によってはパートやアルバイト・契約社員等であったとしても、安定した収入を以前もこれからも継続して得ていることが証明出来、年齢の条件等をクリアしていれば、融資を申し込むこと自体は可能です。
但し消費者金融や信販会社のキャッシングには、年収の3分の1以上は借りられない総量規制というものがありますので、ひと月あたりの収入が少ない場合は借りられる額は限られてしまい、当然利息も付いてきますので、毎月少ない収入の中から返済していかなければならないため、かなりの収入がありませんとやり繰りは難しいと思われます。また融資の条件としてキャッシングやカードローンの会社では、自分に収入のある人にしかお金は貸しませんので、専業主婦意外で無職であるという場合には、親や家族の収入によってお金を借りることは出来ません。

安定した収入を得ていることが証明出来る場合

また投資やアフィリエイトやネット内職等で収入を得ている場合には、それで安定した収入を得ていることが証明出来ればお金を借りることは出来るのですが、その場合は自営業として確定申告をしている必要があります。もしそういうことをしていたとしても、確定申告をしていなければ無職とみなされます。自営業として登録をするには税務署へ行き、「開業届」というA4サイズの1枚の簡単な書類を提出するだけで良く、これで個人事業主として「自営業・会社代表者」という肩書を手に入れることが出来ます。そして無職の状態からアルバイト等の仕事を始めた場合には、安定した収入を得ていることを証明するためにも、最低2ヶ月以上同じ所で働き又継続して働き続ける意志がある場合にだけ、融資を申し込むようにしましょう。

 

内緒でお金を借りたいと考えた場合

 

すぐにお金を借りたいという場合に家族や知人や勤務先の人等に内緒で、借りることが出来るのかどうかということについてお話していきたいと思います。貯金もお給料の残りも少なくすぐにお金を借りたいという場合でも、借金をすることを周囲の人たちに内緒にしておきたいと人がいたとしても、それを秘密にしておくことは十分に可能です。今は大手であれば多くのキャッシングやカードローンの申込は、ネット上だけで手続を完結させることが可能ですので、来店不要になっている所を選んで申込をすれば、人に知られる可能性を更に低くすることが出来ます。但し用心のため、スマホやパソコンのセキュリティ対策には万全を期しておくようにしましょう。

 

また1番知られてしまいそうな郵便物を一切発行しない所か、無人契約機のある所でカードを発行してもらう方法もあります。但し郵便物を発行する所であっても、守秘義務をとってくれる所であれば問題ありません。というのは基本的にアコムやプロミス等の大手の業者の場合、郵便物を送ってくる場合でも社名を明記せず、キャッシングの関係の所だとわからないように配慮してくれるからです。そもそもパソコンやスマホだけで最後まで申込をすることが出来れば後の借入や返済は、銀行やコンビニのATMですることが出来ますので、もし知っている人に見掛けられたとしても、借入や返済をしているとは思われないと思います。

 

そして審査の際の勤務先への在籍確認のための電話に関しても、担当者は個人名を名乗りますので、お金を貸す会社からの電話だと気付かれることはまずありません。また延滞等の問題を起こさず、適正に借入や返済を続けていれば家族や知人に連絡が行くこともありませんので、もちろん誰にもわかりません。また大手の発行していキャッシングのためのカードは、一見しますとキャッシングカードとはわからないようなデザインになっていますが、通帳もある場合には鍵のかかる引き出しに入れて、必ず誰にも知られないように気をつけるようにしましょう。

 

すぐにお金を借りる!初めてでおすすめなのは・・・

 

すぐにお金が必要だが借りるのは初めてだという人にお勧めの所として、有名大手のカードローンの中から、アコムとプロミスを御紹介していきたいと思います。

アコムについて

アコムは2016年までで全国に約140万人の利用者がおり、この人数は業界でもナンバーワンであると言われています。年利は3.0%〜18.0%で借入限度額は最大800万円となっており、審査時間も最短で30分で終わると言われています。また返済期日を35日毎にした場合の初回利用者は、最大30日間金利が0円になる特典があります。この30日とは契約日翌日から数えて30日以内ということです。また事前の簡易借入診断は3項目のみ3秒で済み、公式HPから申込から契約まで全て済ますことが出来ます。その他お金はいつでも返すことが出来、しかも利息は利用した回数分でのみであり、申込後は24時間ネット上やATMからいつでも返済することが可能です。そして緊急の場合はフリーコールに電話をして、融資を申し込むことも出来ますし、また8:00〜22:00まででしたら自動契約機での契約手続をすることも出来ます。

プロミスについて

プロミスの利用者の数は、アコムに次いで約130万人だと言われています。プロミスは年利が4.5%〜17.8%で限度額は最大500万円となっており、審査時間もやはり最短で30分だと言われています。他社より若干年利が安いことと、銀行が閉店していても、三井住友銀行かジャパンネット銀行に銀行口座があれば最短で10秒の振込も可能です。アルバイトやパートの人の申込も可能で、メルアドの登録とWEB明細の利用を届け出れば30日分の利息が0円となります。WEBのみの申込であれば即日融資も可能ですし、郵便物が送られてくることもありませんし、50万円以下の借入であれば、原則として源泉徴収票や直近の給料明細等の収入証明書も要りません。正式契約後は近くの銀行やコンビニのATMで借入や返済も出来ます。またWEB上にプロミス会員サービスを利用しますと、カードレスでのやり取りをすることも可能ですし、口座振替による返済となりますので、郵便物は完全に送られてこなくなります。

 

一回に何社まで申し込みできるのか?

 

すぐにお金を借りたい場合、1回に何社まで申し込むことが可能かということについてお話していきたいと思います。

消費者金融や信販会社のキャッシングを利用する場合

キャッシングは基本的には1回に何社でも申し込むことが出来ますが、一辺に4社も5社も申し込みますと、他社からの借入の返済に回そうとしているブラックだと思われてしまいますので、決してそうしないようにしてください。但し審査に不安のある人や30万円以上の借入をしたい人は、時間を置いて申し込むのであれば、2社までは申し込んでも差支えはないと思います。また消費者金融や信販会社のキャッシングを利用する場合には、年収の3分の1以上は借りられない総量規制がありますので、借入限度額は出来るだけ低めに抑えておき、合計した時に規定の限度額を超えない設定になっているよう注意をする必要があります。借入限度額は年収が増えていくに従い段々に上げていくことは出来ますが、契約してから半年程は増額出来ない所が多くなっていますので、これも注意しておかなければなりません。

銀行のカードローンの場合

銀行のカードローンですと、こちらの借入は銀行法に則って行いますので、総量規制による金額の制限を気にする必要がありません。従って100万円以上の借入限度額を希望している場合には、消費者金融等に何社も申し込むよりは、銀行のカードローンの方に1つだけ申し込んだ方が良いと思います。但し審査は若干ですが厳しめになりますので、それでも構わなければということにはなります。
先程お話した総量規制に則って計算しますと、もし年収が600万円だとしますと200万円までしか借りられませんので、2社続けて申し込むとしても、借入限度額が合計で200万円を超えないようにすることが大切です。1社で50万円複数社で100万円の以上の借入になる場合は、源泉徴収票や直近数カ月分の給与明細や確定申告書等の収入証明書の提出が必要になります。

一度に2社以上申し込む場合

また2社以上申し込む場合には同時進行で申し込むのではなく、1社の一連の手続が全て終了してから、しばらく時間をおいてから申し込むというようにしますと、2社から互い違いに連絡が来て、混乱するということもなくなります。この時間を置いて申し込むという行為は時間的に連続して申し込むよりも、慌てて何社も申し込もうとしているという印象を与えずに済むという意味で、賢明なやり方だと言えます。例え2社以上の申込であっても、これはとても大切なことです。

 
2018/08/25 22:12:25 |
「即日融資」と「即日審査」の違いについて、お話していきたいと思います。最初に結論から申し上げれば当日中に借りられるのが即日融資で、その日の間に審査をするだけなのが即日審査ということになっています。即日審査は審査の遅い業者や銀行でも出来ますし、融資の申込を受け付けた時点で審査はもう始まっていますので、仮にその当日中に受付しかしなかったとしても、即日審査と言えてしまうのです。勿論本当にそのようにする所はないと思いますが、理屈上は成り立つということです。しかしその日の内に審査をしてもらうだけでは意味がなく、審査の結果合格が決まったら速やかに契約手続に移り、その日の内に入金をしてくれて初めて、即日融資...
2018/08/25 22:10:25 |
お金を借りる時の必要書類が、希望額によって変わることについてお話していきたいと思います。消費者金融や銀行のカードローンからお金を借りる必要な書類は、基本的には本人確認のための身分証と、希望額により必要となる収入証明書となっています。収入証明書は一定の額以上の借入限度額を希望する場合のみ必要なものですが、身分証は限度額の額に関わらず必要なものです。身分証として必要なのは消費者金融でも銀行のカードローンでも、運転免許証・パスポート・健康保険証・顔写真付のマイナンバーカード・外国籍である場合は在留証明書等が必要となります。金融機関により多少の違いはありますが、基本的には、これらの内のいずれかがあれば...
2018/08/25 22:08:25 |
お金を借りたいと思った時の、借りる先を慎重に考えることの大切さについてお話していきたいと思います。お金を借りたいと思った時には誰から借りるか、どこから借りるかという借入先の選択を慎重にする必要があります。幾ら借りたいのか何の借入目的で借りるのか等も、借入先選びの大切なポイントになります。そこでここでは借り入れたい金額別に、借入先をどうしたら良いかについてお話していきたいと思います。借金は借入金額によって、個人から借りるか金融機関から借りるかが決まってきます。多くの消費者金融では最低貸付額は1万円となっており、銀行のカードローンですと10万円からという所が多くなっています。ですので借りたい額が1...