お金を借りる先を慎重に考えよう!

 

お金を借りたいと思った時の、借りる先を慎重に考えることの大切さについてお話していきたいと思います。お金を借りたいと思った時には誰から借りるか、どこから借りるかという借入先の選択を慎重にする必要があります。幾ら借りたいのか何の借入目的で借りるのか等も、借入先選びの大切なポイントになります。そこでここでは借り入れたい金額別に、借入先をどうしたら良いかについてお話していきたいと思います。

 

借金は借入金額によって、個人から借りるか金融機関から借りるかが決まってきます。多くの消費者金融では最低貸付額は1万円となっており、銀行のカードローンですと10万円からという所が多くなっています。ですので借りたい額が1万円未満である場合は、どこの金融機関からも借りられないと考えた方がいいと思います。1度審査に通りさえすれば、金融機関によっては1000円単位での借入は可能となりますが、初回申込時に1万円未満の借入を希望しても借りられないということです。また銀行のカードローンでも、10万円未満の借入希望は審査の対象外になります。

 

このように入り用なお金の額により可能な借入先は変わってくるわけですが、もし1万円未満の希望であれば、親や年上の兄や姉から借りるというのが理想的です。恋人関係ですと女性が男性から借りるのは抵抗が少ないですが、逆ですとプライドがないと見られがちで印象がよくありませんし、また友人関係ですと金額によっては関係にヒビが入りやすいので、避けた方が賢明であると思います。

 

次に1万円以上10万円未満の場合ですと個人的に借りるのは難しいですから、消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠の利用が最適となります。10万円以上になりますと銀行のカードローンか、やはりクレジットカードでのキャッシングが良いと思います。消費者金融は金利が若干高めということもあり個人向けの小口の融資が最適で、あまり工学な融資は出来ればしない方がいいでしょう。申込から審査・契約までの流れが1番早いのはクレジットカードのキャッシングであり、申込もネットやスマホで出来ますし、免許証・保険証・パスポート等の身分証があれば手続が可能ですし、既にクレジットカードを持っていれば、審査時間や融資までの時間は更に節約出来ます。

 

銀行のカードローンでも金利は若干低めですが、消費者金融や信販(クレジットカード)会社と、それほど金利に差がない所もあります。但し銀行である分審査は消費者金融や信販会社より厳しめになりますし、パートやアルバイトや派遣等の非正規雇用ですと更に厳しくなりますので、正規非正規に関わらず年収が300万円以上有り、尚且つ金属1年〜3年以上あった方が審査の際には有利になります。また消費者金融ですと年収の3分に1以上は借りることが出来ないことになっている、総量規制という規制がありますので借入限度額の設定や、他社からの借入残高との兼ね合いで考えますと、総量規制がなく金利が若干低めの銀行のカードローンの方がいい場合もあります。

 

とは言え消費者金融は金利こそ若干高めですが、銀行のカードローンより審査の基準は平均しますと緩めですし、年収が60万円以上で安定していれば、非正規雇用で働いていたとしても10万円位までは借りることは可能です。他社からの借入がない場合年収300万円ならば100万円、400万円でも130万円までが借入限度額の上限となりますが、その位の融資額で十分なのであれば、選択肢としては適当であると思います。