お金を借りる時の必要書類は?希望額によって変わります!

 

お金を借りる時の必要書類が、希望額によって変わることについてお話していきたいと思います。消費者金融や銀行のカードローンからお金を借りる必要な書類は、基本的には本人確認のための身分証と、希望額により必要となる収入証明書となっています。収入証明書は一定の額以上の借入限度額を希望する場合のみ必要なものですが、身分証は限度額の額に関わらず必要なものです。

 

身分証として必要なのは消費者金融でも銀行のカードローンでも、運転免許証・パスポート・健康保険証・顔写真付のマイナンバーカード・外国籍である場合は在留証明書等が必要となります。金融機関により多少の違いはありますが、基本的には、これらの内のいずれかがあれば身分証としては有効となります。当然いずれも期限切れですと効力を発揮しませんので、十分に注意してください。カードローン契約では印鑑を必要としないため審査内容に問題がない限り、最低限の本人確認が出来ればお金を借りることは可能です。また健康保険証には写真が付いていませんので、住民票か公共料金の領収書も必要です。また顔写真入りのマイナンバーカードによる本人確認に於いては、コピー後に個人番号の部分を見えないようにしておく必要があります。また身分証の住所と現住所とが異なる場合は、住民票も必要となりますので御注意ください。これらの身分証があれば収入証明書がなくても、原則50万円位までの借入限度額にすることが出来るようになっています。

 

次に収入証明書が必要となる借入限度額は、金融機関が独自に定めた金額或いは約50万円以上の時と、他社から既に借り入れている場合、その額と希望額との合計が100万円以上になる場合となります。書類としては直近2ヶ月分の給与明細・源泉徴収票・納税通知書・所得証明書等の他、個人事業主等に該当する人については確定申告書も必要となりますので御注意ください。収入証明書が必要になる希望額は50万円〜100万円という金融機関が多いですが、勿論これは平均の額であり金融機関によって違いがありますから、必ず公式サイトで確認をするようにしてください。